D.LEAGUE ダンスが動き出す。

ABOUTD.LEAGUE(ディーリーグ)とは

D.LEAGUE(ディーリーグ) 第一生命

“世界中すべての人に、「ダンスがある人生」をもたらす”をミッションに、活動を通してダンスの裾野を広げ、ダンスが誰でも楽しめる『NEW STANDARD』を掲げる日本発のプロダンスリーグです。

ダンス人口が年々増加し、ダンス市場の成長が期待される中、日本のダンスの発展と普及を図るとともに、アートとスポーツ、そしてビジネス面での新たな価値を創造し、ダンサーがメインとなる新しい世界を作り上げたいという想いのもと、2020年8月、「D.LEAGUE」は発足しました。

ダンスを踊ることの悦びだけではなく、観る楽しみ、そして、D.LEAGUEに関わるすべての人々の感情を集めることで生じる強大なエネルギーは世界を変えると確信し、活動しています。

当社はその理念に共感するとともに、ダンスを通じて多くの方が楽しみながら「健康増進」に取り組むことができること、また「つながりの場」という心の豊かさに貢献したい想いから、この度「D.LEAGUE」への協賛を決定しました。

CONFERENCE REPORT第一生命がタイトルスポンサーに決定!
D.LEAGUEプレスカンファレンスレポート

D.LEAGUEプレスカンファレンスレポート

第一生命がタイトルスポンサーとなったD.LEAGUE。2021年1月10日に有明アリーナで無観客の生配信として開幕が決定しているが、それに向けて11月15日にホテル雅叙園東京にてプレスカンファレンスが行われた。

日本発のプロダンスリーグ。特徴的なのは画期的な3つの「NEW STANDARD」だ。まず、ダンス曲は既存の曲だけでなくオリジナル曲を制作することで従来難しかったダンサーへの印税分配ができるようになること。2つめは公式アプリでSoftBank様と協業することで5GによるARやVR、FRといった新しい技術を取り入れ、最新テクノロジーでの試合観戦を可能にすること。最後がこれまでのスポーツ競技ではなかった「オーディエンスの投票もジャッジに反映される“視聴者参加型JUDGE”を取り入れること」と代表取締役COO、神田勘太朗氏は新たな挑戦を力強く語った。

さらに「野球少年の夢にはプロ野球があり、歌や演技を目指す者には東京ドームがある。だがダンスを夢見る少年少女たちにはなぜそういった場がないのだろう。それを作ってあげたい」と代表取締役CEO、平野岳史氏。続いてチーフクリエイティブアドバイザーのEXILE HIRO氏は「私の役割はD.LEAGUEをエンターテイメントとして成立させること。これまで培ってきたノウハウを生かして盛り上げていきたい」とリーグにかける想いを熱弁した。

開幕の時点で加盟しているチームによる白熱したパフォーマンスも実際に披露。高い技術で魅了する本格派ブレイクダンス、息の合った迫力があるガールズダンスグループなど各チームの溢れ出す個性で会場を圧倒した。そのクオリティの高さやダンサーたちの表情、気迫には、ダンスを経験したことのない者でも魅了してしまう強い力があった。

取締役常務執行役員 瓜生宗大当社 取締役常務執行役員の瓜生宗大もこのD.LEAGUEに期待を膨らませ、プレスカンファレンスにてその熱い想いを語った。

「先ほど各チームのパフォーマンスを拝見しましたが、どれも素晴らしいダンスでした。D.LEAGUEの事業に参加させていただき、本当によかったと思っております。
これからの時代は、物理的な豊かさや個々の身辺自立のみでなく、精神面を含めた生活全体の豊かさと自己実現を含めたQOL(Quality of Life)、さらには人々の幸せや健康などが、重要になってきます。
我々も人々の幸せや健康に対して積極的に取り組み、皆さまのお役に立っていきたいと考えております。この想いとD.LEAGUE様の志が共鳴し、本日を迎えました。
皆さまとともに、このD.LEAGUEを盛り上げていきたいと思います。まずは1月10日の開幕戦で素晴らしいスタートを切れることを願っております。」